電子タバコから出てくる煙のようなものは何?臭いがついたりしないの?


有害物質を出さずに楽しめる

タバコを吸うと出るものとして煙や灰、そして吸い殻があります。残念ながらすべて体にとって有害なもので、楽しむためには煙が他人に影響しないところや灰皿が必要になります。同じタバコの名前がつく電子タバコは電気の力でリキッドを加熱してそれを吸って楽しむアイテムです。本体は繰り返し使えるのですぐに捨てるわけではないですし、燃やさないので灰は出ません。煙のように見えますが水蒸気であり、煙のような有害物質が入っているわけではありません。有害物質を出さないので一応いろいろなところで楽しめるのがメリットです。ただ名前や見た目がタバコに似ている嗜好品なので地域によってはタバコと同じ扱いとして吸えないところもあり、ルールを守って利用しなければいけません。

煙ではなく水蒸気なので臭いが染みつかない

燃やして出る煙の中にはヤニと呼ばれる脂が含まれていて、それが何かにつくと臭いが染みついたりシミとして汚れの元になります。タバコを吸う人の服はタバコの臭いがついていますし、タバコを吸う人の部屋はヤニで汚れているかもしれません。電子タバコを利用して臭いがついたりシミの汚れがつくのは嫌だと思うかもしれませんが、実は電子タバコを利用しても臭いもシミも残りません。煙のようにモクモク出てくるのは煙ではなく水蒸気なので、一時的に香りがつくとしても洗えばすぐに落とせます。シミとして残ったりもしないでしょう。電子タバコのリキッドの中にはタバコの香りに似せているものがありますが、こちらを利用したとしても臭いやシミを気にする必要はありません。

ニコチンリキッドは日本ではまだ認可されていません。しかし、購入するのであれば海外の通販サイト等で注文することが出来ます