電子タバコの健康リスクは?煙草との違いを知ろう!


電子タバコは健康リスクが低い

喫煙者も従来の煙草から電子タバコに切り替える努力することが多くなりました。電子タバコに切り替えるだけで健康リスクが大幅に低減されることがわかってきたからです。電子タバコはリキッドを加熱してフレーバーや各種成分を吸えるようになっているのが特徴で、従来の煙草のように植物由来の原料を燃やすことはありません。煙草を吸っていると燃焼によって生じるタールや一酸化炭素、ホルムアルデヒドなどを吸うことになってしまいます。ベンツピレンなどの発がん性がある物質も微量ながら生じるため、健康に関しては大きなリスクを負うことになってしまいます。電子タバコではこのような有害物質が発生しないように設計されているので安心なのです。

ニコチンについては注意しよう

煙草の健康リスクとしてニコチンの影響もよく知られています。ニコチンは神経伝達物質として生体内で利用されている物質の一つではあるものの、外部から大量に摂取することで依存症になるなどのリスクがあります。この被害については電子タバコで免れることができるとは限りません。使用するリキッドにニコチンが含まれているかどうかで違うからです。もしニコチンのリスクも低減したいならニコチンが含まれていないリキッドを選びましょう。なかなかやめられない人もニコチンの量を少しずつ減らしていくことによって体を慣らすことができる場合もあります。煙草をやめられるようにしたいという人も電子タバコを工夫して使っていくと良いでしょう。

ニコチンリキッドを使う電子タバコは、有害物質であるタールと一酸化炭素を発生しません。2つの有害物質が含まれないため、人体への影響が少なくて済むメリットがあります。