禁煙中や非喫煙者にもおススメ!香りを楽しむ電子タバコという選択肢


電子タバコは禁煙に向いている

「ニコチンやタールが含まれている」「自分が吸った際の副流煙が気になる」など、従来の紙巻きタバコと混同されがちな電子タバコですが、実際は禁煙に適した嗜好品です。

紙巻きタバコは、刻んだタバコの葉を紙でスティック状に巻き、その先端を着火してうまれる煙をフィルターから吸って楽しむものですが、電子タバコは香り(フレーバー)がついた液体(リキッド)を加熱して、そこで発生する水蒸気を味わいます。リキッドはタバコの葉を使用していないので、ニコチンやタールは含まれておらず、非喫煙者でも楽しむことが出来ます。

紙巻きタバコのようにニコチンやタールを取り込むことは出来ませんが、「吸って吐く」という共通した行為が禁煙の口さみしさを紛らわせてくれますし、紙巻きタバコに代わる嗜好品として続けられます。

自分好みのフレーバーを探す

電子タバコを楽しむうえで欠かせないのがリキッド選びです。リキッドにはフレーバーという香りがつけられているのですが、このフレーバーが自分好みのリキッドを選ぶ一つの基準になります。

リキッドの種類は数多くありますが、大まかな分類としては、紙巻きタバコの風味に寄せた「タバコ系」、ミントなどの爽やかな「メンソール系」、バニラやチョコなどの「スイーツ系」、リンゴやオレンジなどの「フルーツ系」、コーラやコーヒーなどの「ドリンク系」が挙げられます。

もちろんニコチンやタールは含まれていませんので、安心して楽しめますね。

禁煙中や非喫煙者にもオススメの電子タバコ、嗜好品として生活の一部に加えてみてはいかがでしょうか。

vapeのメンソールはいろいろなフレーバーがあります。フルーツやお酒などめずらしい商品が選ぶのに困るくらい豊富にあります。